• 長野県建築士会長野支部のWEBサイトです。

長野県では、大規模な地震が発生した場合、県からの要請に

より被災地に赴き、被災した建築物が余震等に対し引き続き安

全に使用できるかを応急的に調査し、余震等による倒壊や部材

の落下等による二次災害発生の危険度の判定を行う応急危険度

判定士(以下「判定士」という。)の認定制度を平成7年度から

実施しています。

平成26年には長野県神城断層地震が発生し、600棟余り

の建築物について応急危険度判定を実施しております。

大規模地震が発生した場合には、短時間で多くの被災建築物

を判定する必要があり、多くの判定士の方のご協力が必要とな

るため、県では毎年養成講習会を実施することとしています。

多くの方がこの機会に受講されますようご案内いたします。

詳細はこちら